大宜味村特設サイトTOP画像
トップページ 特産品一覧 【芭蕉布工房うるく】芭蕉布額装(色物)
大宜味村ふるさと納税 特産品 詳細画像
大宜味村ふるさと納税 特産品 詳細
大宜味村ふるさと納税特産品 【芭蕉布工房うるく】芭蕉布額装(色物)画像 ジャンル

【芭蕉布工房うるく】芭蕉布額装(色物)

商品内容
芭蕉布額装(色物) 1点

サイズ
縦  21cm
横  16cm
厚み 1cm
提供元
芭蕉布工房うるく
寄付金額
10,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
芭蕉布では使われていない技法を取り込み、今の生活に合う布作りをしました。

透け感が夏らしい芭蕉布。
芭蕉布コースター(色物)をガラスに挟み、涼やかな額装に仕上げました。
生活を彩る一品になると嬉しいです。

染料
青:琉球藍
黄:福木
緑:琉球藍×福木

「芭蕉布工房うるく」では、芭蕉布の原料である芭蕉の栽培から織りまで、すべての工程を一人で行っております。
コースターは、11cm×10cmと小さな布ですが、1枚1枚大切に作っています。




「芭蕉布工房うるく」のこだわり

「芭蕉布工房うるく」では、芭蕉の栽培から織りまで、すべての工程を一人で行っております。
沖縄県北部、大宜味村の山の中の畑で芭蕉を育て、薪で炊いた原皮から繊維を取り出し、
すべて手作業で糸を作り、布へ織り上げています。

美しい布づくりは畑(原木)からとの思いから、芭蕉の手入れから試行錯誤を重ねています。
原木は大きく太く育て、一番良い所だけ収穫し、使用しています。

博物館に展示されていた琉球王朝時代の芭蕉布に惹きつけられ、その布を再現してみることに。
選びに選んだ繊維で糸作りする事9ヶ月、再現する為に様々な産地の技法を学び直し、織り上げるまでに5ヶ月。
トータル14ヶ月をついやして織りあがった布は、白く透けキラキラ光沢のある美しい布。
この作品で民藝館展の奨励賞を受賞しました。

琉球王朝時代の素晴らしい布の再現や、沖縄県立芸術大学で学んだ技法経験をベースに、
温故知新を大切にしながら、今の時代に合った布づくりを模索し続けています。


※ひとつひとつ手作りの為、額の色合いが少し変わる事がございます。


【地場産品基準について】
・大宜味村で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。